ディズニーランド都市伝説

タワーオブテラーの恐怖

tawatera

タワーオブテラーはとある実際のホテルの怪奇現象を元に作られたアトラクションであるという噂があるのです。

そんな噂から、様々なものに発展し、タワーオブテラーにあるどこかの鏡に移る自分の姿に手を振ると、鏡の自分は手を振らないとか、自分の背後に幽霊が写りこむという都市伝説もあるようです。

ビッグサンダーマウンテンでは幽霊目撃情報も

10年以上も昔の話、ビッグサンダーマウンテンが突如、一時停止してしまった。
ディズニーランドの監視係は各所に設置されたモニターでビッグサンダーマウンテン内の状況をチェックした。

しかし、どこにも異常は見られない。機械類のチェッカーも異常を示していない・・

と思った瞬間、一人の女性警備員が悲鳴を上げた。

画面にはいるはずもない謎の女の姿で子供の手を引いている姿が・・・

やがて、女の姿は半透明になり、スーッと子供と一緒に消えてしまったという。

その瞬間、運行停止のランプが消え、ビッグサンダーマウンテンは通常運行に戻ったという噂話。

全国の遊園地のお化け屋敷などにはこういった話も多いものですが、サンダーマウンテンは幽霊出現場所としては逆に信憑性があるかもしれませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする